セルカ

【実録】sellca(セルカ)で車ガチで売ってみた!口コミ評判

個人で出品できる車オークションsellca(セルカ)で愛車をガチで売ってみてどうだったのか?セルカの口コミや評判は実際どうなのか?今後sellcaを利用して車売却を検討している人のための実録体験談レビュー

【実録】sellca(セルカ)で車ガチで売ってみた!口コミ評判

以前、車の一括査定サービスに申し込み車の買取をした経験があります。申込直後から複数の買取業者からひっきりなしに電話がかかるようになり大変な思いをしました。時が経ちまた車の買い替えをする事になったのですが、車一括査定のしつこい営業はもうこりごりで「もう一括査定サービスは使いたくない!でも車は少しでも高く売りたい・・」そんな風に考えていた時に車をオークションに出品して売却する事が出来るセルカを知りました。なんでもsellcaでは査定を一回するだけしつこい営業電話はなく車もオークション形式で高く売れるという話。中古車一括査定で痛い目にあったので「sellcaは本当に大丈夫なんだろうか?」と若干不安も持ちつつも、実際にsellca(セルカ)で車を売却してみてメリット・デメリット含め実体験をクチコミ体験談としてまとめてみました。sellca(セルカ)での車買取の評判が気になってる方の参考になれば嬉しく思います^^


sellca(セルカ)って実際どうなの?代表的な口コミをまとめてみると・・




  • 査定員が車を査定に一度家(駐車場)に来たが、それ以外しつこい営業とか無くてすごく楽で良かった!

  • 出品手数料は無料で、成約時の手数料がユーカーパックよりもだいぶ安いのが◎。最終的に近所の買取店で言われた買取額よりも高く売れた!
  • 思ってたより簡単に車オークションが出来たが入札している買取店の社名が分かるともっと良かったと思う。

  • 自分でこれ以下なら売らない売切価格(最低売却額)を設定してオークションに出せるのはイイ。

  • マイページの中で入札金額をリアルタイムで確認できるのが面白かったのと、締め切り時間に近くなって入札がどばっと入って最後高く売れて嬉しかった。


こんな感じで比較的良い評判やいい口コミが目立ちます。でもいいクチコミばかりだと逆に疑りたくなったりしませんか?^^; ということで、以前中古車一括査定のしつこい営業で痛い目にあった管理人が車オークションのsellca(セルカ)を利用した時に感じたメリット・デメリット、使い勝手などを体験談としてsellca(セルカ)の本当の口コミをレビューします!






sellca(セルカ)で車買取を申し込んでみた!




セルカで車を売却する流れを説明していきます。実際やってみると思っていたよりも簡単でしたが、申し込みから売却までの一連の流れが事前にわかっているとイメージしやすいと思いますのでこちらのページで写真付きでレビューしていきます。


 セルカ公式

セルカ公式サイト



入力内容は計8項目




入力内容は計8項目で、



・車のメーカー名

・車種名

・年式

・走行距離

・氏名

・メールアドレス

・電話番号

・お住まいの都道府県





電話番号とメールアドレスは正確なものを入力します。後でセルカの担当者から確認の電話は入りますが、中古車一括査定のようにガンガン営業されたり、複数の業者から何度も電話が入ったり、変な営業電話はかかってきませんので安心して下さい(笑) あくまで確認のための連絡で電話は基本この1回で終わります。


(※もちろん必要書類の確認とか質問とかあなたが必要なら電話可能ですし、電話が苦手ならLINEのチャットで連絡する事も可能です)


申し込み完了


その後査定希望日やアンケートなども入力して申し込みは完了します。


マイページの開設

その後は最初に登録したメールアドレス宛に申し込み後の流れやステップが送られてきますが、その際に自分のアカウント「マイページ」を開設する事になります。このマイページで必要書類をアップロードしたり、売却後の振込先口座を登録したり査定希望日を入力といった操作が出来るようになります。車の買取では一般的に紙に何度も個人情報を記入したりする必要がありますが、この部分がパソコンで入力できるのは個人的にはすごく楽で助かりました。

検査日決定のご案内

後日、査定日時が決定すると、今度は【セルカ】検査日決定のご案内という件名でメールが送られてきます。内容は下記のような感じです。



検査日時が決定いたしましたので、下記よりご確認くださいませ。

============

検査日確認のお願い

============

1.検査日時

●月●日 10時00分?



---------------

2.担当検査員

 所属:●●●●オート

 担当:●● ●●

TEL:090●●●●●●●



---------------

3.検査場所

●●様のご契約駐車場



---------------

4.必須持ち物

①自動車検査証(車検証)

②所有者ご本人の免許証コピー

(所有者ご本人が検査に来られない場合)



---------------

5.持ってくるとプラスのもの

①メーカー保証書

②点検整備記録簿

③スペアキー

④ご自身で外した純正装備品



---------------

6.当日までにできればすべきこと

写真の映りがよくなり、より高値になる可能性があります!

①洗車

②車内の清掃と荷物の撤去



---------------

(売買成約後に必要になる書類)

①自動車税納税証明書

②自賠責保険証明書

③リサイクル券

④印鑑証明書(2通)



※引っ越し状況等により必要書類が異なるケースがありますので、

 成約後に改めて正確な内容をお伝えさせていただきます。



============

 


査定員はセルカの社員さんではなく、全国で提携している地元の車販売店、車修理店などのスタッフさんになるようです。この点は査定前に事前に連絡してもらっているので不安はないかと思います。また売却後に必要となる書類に印鑑証明とか必要で面倒なように感じますが、一般的な買取店で買取してもらっても同じように必要になるものなので、今の時点では「そんな感じね」とぼんやり覚えておくだけでいいかと思います^^;

査定員が車の査定にやって来た!

査定日は事前にメールで連絡のあった担当検査員が指定の場所へやってきて実車をチェックしながら査定を行います。査定員が来てから査定完了し書類にサインなどして査定が完了する時間はだいたい20~30分ぐらいだったと思います。最初訪問時に挨拶があってその後は査定に入ります。査定の際はその間ずっと立ち会う必要はなく、終わったら声をかけてくれる感じで楽でした^^


その後査定完了後に2枚ほど書類を記入する必要がありました。1枚目がヒヤリングシート、2枚目が出品承諾書です。


ヒヤリングシート


オークション出品承諾書


 画像を見てもらえればわかる通りどちらの書類も基本的に選択記入式で記入する箇所も少なくそれほど面倒ではありません。強いて言えば高く売るためにヒヤリングシートの「④あなたの車のセールスポイントに関して」はナビやドラレコなど査定プラスになるカスタムパーツを取り付けていたり、整備記録簿にオイル交換の記録を付けていたりなど、愛車のアピールしたいポイントがあれば書く必要がありますので、これは事前にメモをしておくなどしてまとめておくといいと思いました。


あとオークションの出品承諾書のほうは簡単な項目だけですので1分ぐらいで終わる簡単な入力項目です。売り切り価格に関しては査定時の段階では無記入のままでOKで、今回の査定の結果が出た後に、sellca(セルカ)の担当者さんとメールか電話で最終決定すればOKです。


査定(検査内容確認)と出品承諾

sellca(セルカ)マイページ


査定後、sellca(セルカ)より査定内容(検査内容)を元にマイページに情報を登録しましたというメールが入ります。査定日に撮影された愛車の画像(前後左右、社内、タイヤ、パーツなど)や、カスタムパーツなど出品者のセールスポイント、装飾品(カスタムパーツ)、コメントを確認することが出来るようになります。売り出し価格(後で詳しく解説)を決定し、出品承諾を行えばいよいよ車オークションへの出品となります。


なお、出品承諾については以下の3つの方法から選び出品承諾をする事が可能となっています。


1.出品承諾書で出品
(1)査定時にお渡しした出品承諾書を記入
(2)お写真をメールかLINEでお送りいただくか、FAXでお送り頂く
 メール:セルカへのメールアドレス
 LINE:セルカの公式LINE
 ※友だち追加後はLINEのトークから「お客様の名前」を送信ください。
 FAX:06-7632-4589



2.メールで出品
(1)当社の担当から出品承諾に関するメールをご送付
(2)そちらに「出品承諾の旨」をご返信いただく



3.WEB上から出品
(1)マイページにログイン
 ※マイページ開設完了のメールにログイン情報が記載されております
(2)やることリストの「出品の準備をしてオークションに出しましょう」をクリック
(3)出品の設定の上、出品承認ボタンをタップして完了
 ※出品時にはメールが飛びますのでもし来ていなかったら再度ご確認下さいませ。


 


売り切り価格


売り切り価格とは、出品者(車のユーザー)がこの価格で入札があったら必ず売るという価格の事です。ヤフーオークションをやったことがある方なら「最低落札価格」と同じような価格の設定でイメージしやすいかと思います。


sellca(セルカ)の担当者さんから「この車種でこの年式の場合、だいたいこのくらいの価格で落札されています。」という感じで売り切り価格の相場観を教えてもらえますので、それを参考に売り切り価格を決定すればいいかと思います。


なお、余談ですが私は2回sellca(セルカ)を利用して車買取をしてもらった経験があります。1回目の時はsellca(セルカ)の担当者さんのアドバイスを参考に売り切り価格をすぐ設定したのですが、2回目の時は教えてもらった売り切り価格の近々相場の価格と自分がネットなどで調べていた買取価格と少し乖離がありました。


 具体的には自分が想定していた価格よりも10万円ぐらい安い額をアドバイスしてもらったのですが、カスタムパーツ含め金額に納得できず、自分が想定していた価格を売り切り価格にする事で出品をする事にしました。


結果的に自分が想定していた価格で入札があり無事車の売却が出来たわけですが、あまりに相場よりも強気すぎる(高すぎる)売り切り価格を設定した場合、入札がされずオークションが流れてしまい、結果車の売却に時間がかかってしまうリスクはあるという話でしたのでこのあたりは自分で愛車の近々の買取相場を事前に調べておく(他社の査定サイトなどで大まかな買取相場を調べ相場観を持っておく)と良いのかと思います。


いよいよsellca(セルカ)の車オークション出品!


車の査定と売り切り価格の設定まで終わったら、いよいよオークションとなります。sellca(セルカ)の車オークションは週1回のペースで開催されているということで、オークション開催日まで待ちます。オークション当日は、マイページとEメールで入札状況を知ることが出来ます。パソコンを前にマイページをリロードして入札を逐一チェックすることも出来ると思いますが、入札が行われると自動的にEメールへ入札額のお知らせが届きますので、オークション当日が仕事でパソコンを頻繁にチェック出来なくても入札状況は知ることが可能です。

sellca(セルカ)車オークションの入札お知らせメール


あとは自分で設定した売り切り価格以上の価格で入札されることを願いながらオークションが終了を待ちます^^


現在続きコンテンツ制作中・・・記事公開までしばらくお待ち下さい。


▲ ページトップ